他人やトップアスリートと比較して、

落ち込んだり、悲観的になったりする人も多い。

 

しかし、本当のライバルは、

他人では無く、過去の自分である。

 

自分より強い人間はいくらでもいるし、

上を見ればキリが無い。

 

憧れを持ったり、目標にしたりするのは、

全然良いと思うが、比べて落ち込む必要は全く無い。

 

その人の方が練習量が多いか、

質の高い練習をしているか、

もしくはその両方か。

 

のいずれかなのです。

 

もちろん遺伝的な要因などもあるかと思うが、

そんなどうしようもない所に原因追究しても意味がない。

 

そんな事より、

以前できなかった事ができるようになったり、

 

先月のタイムより早くなったり、

同じ事をやっても楽にできるようになったり、

そういった事にフォーカスする方が面白い。

 

本来年齢を重ねれば重ねる程、

肉体は衰えていくが、

キャリアを重ねるごとにタイムが上がるのは、

本当に面白いですよね。

 

人生も同じ事が言えるのでは無いでしょうか?

 

肉体は年々衰えど、キャリアを積めば積むほど、

上に上がっていき、経験した事はどんどん蓄積され、

若者にはない、渋さや余裕が出てくる。

 

ただ、これも積み重ねの厚さ、

薄さが年齢を重ねる程に如実に出てくる。

 

トレーニングしていないおっさんは、

子どもの運動会でちょっと走っただけで、

こけたり、翌日筋肉痛になる。

 

普段からトレーニングに励んでる、

おやじは余裕の顔で運動会ごときだと、

ぶっちぎりで勝つ事が出来る。

 

どっちが良いかは、その人の価値観次第だが、

価値観が変わればどちらに入る事もできる。

 

今までの蓄積が無い人は、

今から積み重ねれば良いし、

 

今積み重ねている人も、

サボればいつの間にか衰えてしまう。

 

ホント人生と同じですね。